流木との出会い

流木

ある日、海に行ったら浜辺を見渡す限りの流木が
打ち上げられていた。
なんだか悲しい気分になったのを覚えている。
[まだゴミになりたくない]そんな風に聞こえた気がした。

がむしゃらに浜辺を日が暮れるまで歩き
流木を拾い、車に積めるだけ積み込んだ。

それが今から10年ぐらい前の話。

その時拾った流木です。