高速道路でタイヤがバーストした!

大好きな週末に朝からサーフィン。

海に向かう途中の高速道路を走っていると

夕焼け1号(軽自動車)がゴトゴト震え出した。

明らかに何かが起こった感じ。

慌てて路肩に停車して車体を見てみる。

前輪の片一方のタイヤがグシャグシャになってる。

 

ちょっと今の状況を受け止めきれない。

現実逃避して空を眺めてみる。

また夕焼け1号の前輪を見てみる。

状況に変化無し。

途方にくれる事、数分。

 

我に返ってなんとか状況を受け止める。

とりあえず高速道路の人に連絡しなきゃいけない。

高速道路を走っているとよく緊急用の電話をみるよね。

その電話をかけにいこう!!

 

さてその電話はどこにあるの?

進行方向にあるのか?はたまた来た道をもどるのか?

 

とりあえず来た道の路肩を歩いてみた。

なぜか通り過ぎる車が僕を見てる。

ちょっと笑っているような気がする(完全な被害妄想)

 

1kmぐらい歩いてようやく電話を発見!

電話をかけてタイヤがバーストした事を伝える。

自走は無理と係の人が判断してJAFを呼びますか?と

提案してくれた。

おいくら位かかりますか?と聞いてみたら

びっくりするお値段。

 

また空を見上げる(現実逃避パート2)

 

ハッ!!そういえば車の保険に入った時に

万が一の故障時になんとかしてくれるとかなんとか...

 

係の人に保険に入っているかもしれないので

とりあえずJAFはいいですと伝える。

係の人は安全を確保する為に来てくれるとの事。

電話した所からだいたいの場所が分かるらしい。

 

またトボトボ来た道を戻る。

通り過ぎる車のドライバーがまた

ちょっと笑っているような気がする(完全な被害妄想2)

 

ようやく車にたどり着き

保険証券を確認すると故障時のロードアシストが付いてた!

すばらしい!!

保険会社に連絡して1時間位でレッカー車が来てくれるらしい。

やっとひと安心。

 

落ち着いてきたので、一緒に海で待ち合わせしている友達に

遅れると伝える為、電話してみたら少し遅刻して今高速に乗ったらしい。

とりあえず海で待たせなくて良かった。

 

少しすると高速道路の係の人が来てくれて

目立つように車の周りにカラーコーンを立ててくれた。

 

そしてようやくロードサービスの人が来てくれて

車をレッカー作業している時に

僕の横を友達の車が通り過ぎていった!

完全に笑っていた(確信!!)

 

なんとかスペアタイヤを履き替えて海に到着。

海に入る前から疲れました。