ウッドデッキを作る デッキ部分制作編 umikagu工房リノベーション

ウッドデッキを作る umikagu

umikaguの前は国道が通っていて週末は観光のお客さんで結構にぎあう。

道も渋滞するので観光帰りのお客さんに是非来店してもらいたいと考えていた。

 

ある日お客さんに『店がやっているか分かりにくい』とご意見をいただいた。

 

外に出てみてお店を見てみる。

う〜ん 確かに。やってるか分かりにくいし寒いから窓も閉めた状態だと

中にちょっと入りづらいかも。

外観もちょっとシンプルだよなー

 

外観が目立って店だと一目で分かるようにするには.....

ポクポクポク(一休さんが考える時の音。30代以下の方には意味不明だとおもいますが)

チィーン(一休さんがひらめいた時の音)

そうだ!ウッドデッキを作ろう!!

早速材料を用意して制作開始。

 

 

 

ウッドデッキを作る umikagu

まず基礎部分を作る為にウッドデッキの足部分が乗る為の

石を置いていく。

ウッドデッキを作る umikagu

そして桟木をさいの目状に組んでいきます。

ウッドデッキを作る umikagu

あとはひたすら板を桟木にビスで打っていきます。

打つべし!

打つべし!!

打つべし!!!

頭の中では敬愛する丹下段平様の声が聞こえてくる。

丹下様は矢吹ジョー宛の手紙にボクシングの極意を書きしるしました。

あしたのために(その2)右ストレート

右ストレートは 右こぶしに全体重をのせ、まっすぐ目標をぶちぬくように打つべし

一発でKOを生む必殺パンチなり


はっ!!

これはビス打ちに相通ずる事では。

インパクトドライバーに全体中をのせ、まっすぐ目標にぶちぬくように打つべし!

打つべし!

打つべし!!

打つべし!!!

 

腰が悲鳴をあげた頃に終了のゴングが鳴り響く。

 

 

ウッドデッキを作る umikagu

12ラウンドを戦いウッドデッキの板部分を貼り終えました。