波を読む家具屋

umikagu サーフインテリア

沖縄に住んでいた頃、気象情報をみて波があるポイントを当てるのがうまい

友人がいた。なんかかっこいいなと密かに思っていた。

 

近頃の私は毎日金谷の海を見ているので

何となくだけど翌日の朝ぐらいの波は

分かる様になってきた。(基本フラットですが)

 

前日は『風の金谷』と呼ばれるほど強い風が吹き荒れていた。

こんな日はお客さんも来ないし制作に没頭です。

 

大型連休は仕事が忙しくなりそうなので

その前に1日休日を取る事にした。

波情報をみて外房はほとんどのポイントがクローズ。

目の前の海は強風でジャンクなコンディション。

 

風がやめば海に入れそう。よし!明日は休みに決定。

 

翌日、6時に起床して工房裏を波チェック。

サイズは小振りだけど綺麗に波が割れている。

ただ一つ問題が。ちょうど朝は潮が引き始める時間で

岩の頭が所々顔を出している。

 

干潮まであと2時間。どーしようかなー

 

とりあえず無理しないようにして入水決定!

最初の一時間はなんとかサーフィン出来たけど

だんだん潮位が下がってきてリーフがコンニチワしてきた。

テイクオフして板に立った瞬間に

所々にリーフが『コンニチワ』『コンニチワ』『コンニチワ』

即座に板から降りる。

この波に乗ったら板と自分が大根降ろし見たいになってしまう。

もう無理と判断して岸に戻る事に。

 

ちょっと不完全燃焼。

 

家に戻り休日を満喫して夕方の満潮時に再度海に。

サイズは更に小さくなっていたけど

のんびりサーフィンを楽しめました。