台風18号とumikagu

私は不安の中、作業場に立っていた。
普段なら素晴らし景色と穏やかな海を見せてくれるガラス製の壁と天井には

大量の波しぶきがかかり強風と共に工房を揺らしている。

台風18号の影響で海は大荒れに。

umikaguは防波堤を挟んですぐに海という立地なので毎回台風には悩まされる。
巨大な波が防波堤に勢いよく打ち付け、2~3メートルの波しぶきとなって工房の天井に降り注ぐ。そしてガラスとガラスの隙間から雨漏りのように水が入ってくる。
きっと大丈夫だと自分に言い聞かせ作業に集中するも波しぶきが打ち付ける度に外を見てしまう。
追い討ちをかけるように電気も止まり放心状態。
途方にくれるumikagu.....

気持ちを落ち着かせる為に掃除をしてみる。
ガタガタガタ!
激しく揺れるガラス。

工具に油をさしてみる。
バシャーン!
勢いを増す波しぶき。

鼻歌を歌ってみる。
ビューーー!
吹き抜ける風。

帰りたい。

最悪の場合は撤退をすることにして
まだ工房と一緒にいよう。

長く感じた戦いもやがて台風は通り過ぎ
雲を払い落とした空は素敵なオレンジ色になっていた。

もう少し台風対策に力を入れないといけないようです。