田舎暮らし

金谷は綺麗な海と幻想的な鋸山がある素敵な場所です。

私は東京生まれの東京育ちですが田舎の暮らしの方が

私には合っている様に感じます。

 

少し現実的な話ですが金銭的な事とそれに対する充実感で言うと

田舎の方が使う金額も少なくしかも良質だからです。

 

生活費で多くの割合を使うのはまず家賃だと思います。

東京で私が最初にアパートを借りた場所は東武練馬という場所で

1ルームで7万円でした。

現在住んでいるのは大家さんのご好意もあって

4DK庭付き綺麗な物件で3万円です。

 

食費は自炊で考えるとそれほど違いは出ませんが

金谷は港町でもあるのでスーパーに並んでいる半額のお刺身でも

驚くほど新鮮でおいしいですし野菜も地元の商店で買うと安くて量も沢山あります。

有機農法をやっている友人達がいるので出荷出来ない野菜を

たまにごちそうになったりもします。

 

お酒(飲み代)ですが私は週に2〜3日は居酒屋に行ってましたので

月額でおおよそ3〜4万円ほど使っていました。

金谷には居酒屋がほとんどないので誰かと飲みたくなったら

kanaya baseののウッドデッキで海を見ながら飲むか

友人の家に集まり飲んだりします。

どちらもかかる費用は1回あたり1000円くらいです。

 

洋服代ですが東京にいた時はそれなりに身なりにも気をつけていたので

月に2〜3万円ほど使っていましたが今は週6日で作業服を着ている生活なので

洋服代は余りかからなくなっています。

(これは良い事なのか悪い事なのかは分かりませんが)

 

kanaya baseが少し特殊なコミュニティーと言う事がありますが

金谷には移住者も多くみんな歩いて行ける距離に住んでいるので

友人の家に遊びに行くのもとても楽です。

 

今回は田舎の良い所ばかり書きましたが過疎化で廃校になる小中学校が多くあり

病院もあまり多くは無いという状況でもあります。

 

ただ必ずしも都会で仕事をして生活するというのではなく

田舎でも充実した生活を出来るもの確かなようです。