『流木』→『家具』

私の中で流木は2種類に分けられます。

一つは枝流木

これは天然の木が台風などで倒れ海で良く見かける流木です。


もう一つは板流木

これは木を製材(板状)にしたものが海に流されて角が落ちた流木です。


どちらかというとインテリアや装飾に使われるのは枝流木で

板流木はあまり見向きもされない素材です。


でも私は板流木がとても好きです。

家具にするのに加工がしやすい事と人の力では再現出来ない

風合いがあるからです。

ただ板流木の難点は座面や天板に使用できるほどの幅広の板が

ほとんど無い事です。

umikaguでも流木家具を作るのは材料が無い為、去年の生産数は4〜5個くらいでした。

サイズ指定のオーダーメイドも難しく出来上がった商品を買って頂く感じでした。


しかしこの流木家具作りが楽しいです。

素材をパズルのように合わせて一番雰囲気の良い組み合わせにする。

海の雰囲気を都会の部屋のなかでも感じられるそんなサーフインテリアに仕上げます。


最近はサーフィンをしたあとは必ず流木を拾いに行きます。

2度楽しい海の楽しみ方です。