大網白里で出会った友人との楽しい時間

お店も終わりかけの時間帯に嬉しい人達が遊びに来てくれた。

トシさん、ミーちゃんご夫婦。

一緒に海に入ったりお酒を飲みに行ったりと、私のとても大好きな2人。


お盆休みで帰省していたのでお土産を頂いた。気を使ってくれてありがとうね。

久しぶりの実家はどうでしたか?とは海は入ってますか?など色々立ち話では話足りない。


まだ知り合って間もないけど、これからもっと仲良くなりたい人をお誘いするのって

いくつになっても緊張する。


食事に誘いたいけど。。。

迷惑かな?

モジモジするumikagu。


『この後、ご飯いきませんか?』と2人から言っていただき


『ハイ!!行きます!!!』


営業時間はすぎていたので、すぐに閉店準備。

トシさん優しいのでお酒好きの私の為にハンドルキーパー(ノンアルコールで車の運転をする人)

をしてくれました。


トシさんおすすめの中華料理屋さんに連れて行ってもらいました。


ここの中華料理屋さん有名店らしく、何食べてもうまい!

2人の会話も楽しく幸せな時間はすぐに過ぎて行く。

閉店時間が来てしまったので大網白里に送ってもらいました。


まだ話足りなかったので表のウッドデッキでもう少し飲みましょうとお誘いした。


改めて乾杯!!


店の前で楽しい時間を過ごしているとそこには嬉しい顔が。


デビットさんだ!!


デビットさん、オーストラリアから来た友人とumikaguの前にあるビーチビキニバーに遊びに来たようだ。


ほとんど日本語で一杯飲もうと誘った。

デビットさんの友人もデビットさんという名前だった。

ややこしいのでここではロングさんと名付ける(ロングボーダーの略)


ここにいる私、トシさん、ミーちゃん、デビットさん、ロングさんを軽く紹介して

乾杯!!


片言の英語と日本語を交えてなんか良い雰囲気。


私とデビットさんがワチャワチャしているとトシさん、ミーちゃんがロングさんに


『今日、一宮で海入ってなかったですか?』


と板と海パンの特徴を言うと


『入っていたよ!』


とロングさん。


凄い偶然。そしてロングさんの携帯から撮影した海の写真を拡大すると

そこにはトシさんとミーちゃんが映っていた。


友人に似ていたから2人はロングさんを覚えていたそうだ。

そしてミーちゃんはロングさんと波を競り合って何度も負けたそうだ。

これはサーフィンのルール上はロングさんは悪く無いのだけど

もうみんな親しくなっていたのでロングさんにミーちゃんが

『ジェントルメンじゃない!』と言うと事情を分かったロングさんは

大笑いしながらミーちゃんに謝っていた。


他人同士が海の上で言ったら喧嘩になる事だけど仲良くなって丘の上で

お酒を酌み交わしながら話すと最高の笑い話になる。

サーフィンが繋いだ縁だね。


デビットさんと片言でサーフィン話。

『一番好きな波のサイズは?』と聞かれたので

胸くらいのサイズが好きと私が言う。

デビットさんの好きなサイズは?と聞くと

『私は一緒に入った仲間がハッピーなら腰サイズでも胸サイズで好きだよ』


デビットさん本当にgood surferだね。


『でも一番好きなサイズはダブルオーバーヘッドだよ』


さすがサーフィン大国オーストラリアからきた人

レベルが違う。。。


楽しい時間が過ぎ2人はビーチビキニバーに向かう。

暗闇に消えてゆく2人の背中(背筋)を見ながら『パドルが強い訳だわ』と思う私。


長く楽しい夏の夜の出来事でした。