さようなら夕焼け1号

私の愛車『夕焼け1号』

umikaguはこの車と歩んできたと行っても過言ではない。

助手席を倒し仕入れた木材を積み込みあきらかに左側が沈んだ状態でよく走行したものだ。

 

ハンドルを切り曲がる時に変な音がしていたのは前からだったが最近更に変な音が加わってきた。

扉は錆びて向こう側が見える。

 

思えば沖縄から帰ってきて車が無くサーフィンに行けない私を不憫に思って当時長野に住んでいた兄がまだ余り走っていない自分のワゴンRを格安で売ってくれたのが夕焼け1号との出会いでした。

約8年ほど乗っただろうか。とにかくトラブルの多い車だった。

ここで今までの思いで深い出来事をまとめてみた。

 

高速道路でタイヤがバースト。

 

マフラーがサビで途中から落ちた×2回

 

走行中動かなくなってレッカー車に乗せられた×3回

 

車を盗まれかけた。(その場で車泥棒をつかまえる)

 

車がサビでボロボロになってきて長野ナンバーだった為、警察に停められて『家出ですか?』と職務質問された。

 

軽自動車は20万km走るなんて聞いた事有るけど海辺の町ではそれは難しいと思った。

とにかく塩害が酷い。

修理屋さんにもよく車が錆び過ぎて修理が出来ないと言われていたがなんとかだましだまし乗っていた。

もう限界だな。。。

ありがとうね夕焼け1号

 

 

そして新しい車は軽のワンボックス。

名前は『夕焼け2号』に決定!

事故なく沢山私と共に走って下さいませ。

 

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。