久しぶりの休日

先生との何気ない会話からそのスペシャルデーの存在を知った。

『6月15日は休校だから』

 

『なんでですか』

 

『千葉県民の日』

千葉に住んで9年以上経つが初めて知ったよ。

 

仕事しながら学校に行かせてもらっている私には休みは当分ないと覚悟していたのでいきなりの休日。

最近、海も入れてないし友人にも会えていない。

休んでもいいよね。(オーダーをお待たせしているお客様スミマセン)

 

沢山会いたい友人がいるけど真っ先に頭に浮かんだのは以前、内房『金谷』でumikaguを営業していた頃に出会った友人、ゲストハウスしへえどんのオーナー『シンジ』である。

 

ちょくちょく金谷には遊びに行っていたのだけどシンジとはタイミングが合わなくて会えないでいた。金谷に住んでいた頃はよく飲んで語った仲だった。

 

県民の日、前日

実習が終わりその足で金谷に向かう。

同じ千葉県なのに車で3時間くらいかかる。

 

ようやく鴨川を越え外房と内房をつなぐ山道へ。

 

ここまでくればあと一息。

 

内房の景色が広がる。

 

いつも外房から内房に入ると胸が締め付けられる。

金谷は今よりもなにも知らなかった私ががむしゃらに動き続けて辿り着き家具屋を始めた土地。

最高の仲間たちに出会えた場所でもある。

 

やっと目的の場所『しへえどん』についた。

扉を開けると懐かしい声が奥のキッチンから聞こえてくる。

シンジはいつも誰かをもてなしている。

今も手料理を作ってくれている途中なんだろう。

 

シェアアトリエ『Kanaya base』の初期メンバーでその人懐っこさに本当に救われた『あやかちゃん』と息子の『はるた君』がお出迎え。はるた君を最初に見た時はまだ赤ちゃんだったのに時間が経つのは早いね。

 

席に着くとシンジの手料理が沢山並んでいる。

私、シンジの料理が大好物なんです。

 

とりあえず乾杯をしてみんなで近況報告。

『あと一人スペシャスゲスト呼んでますよ』とシンジ

 

『オレ知ってる人?』

 

『多分知ってると思いますよ』

 

『こんばんわー』

 

あずにゃん!!

 

私が妹のように仲がよかった友人だった。

シンジが気をきかせて声をかけてくれて東京から遊びに来てくれたのだった。

 

相変わらず深酒をして何を話したかはよく覚えていないけど楽しい夜だったな。

 

早めに起きたのでアズにゃんを誘って海辺を散歩する事に。

鉄柵に囲まれたkanaya baseが見える。

※kana baseとは閉館したホテルと植物園を沢山の人達の力でリノベーションをしたシェアアトリエ&シェアオフィス。

この場所に多くの人達が集まり地域おこしやイベントなどが開催された。

umikaguもkanaya baseや町に方々の力をお借りして家具屋を開店させて頂きました。

 

建物って不思議だよね。

あれだけ賑やかだった場所なのに人が居なくなっただけで急に温度を感じない物になってしまうなんて。

海辺にウッドデッキを作り週末はバーベキューを飽きるまでした。

『はじめまして』を何回言っただろう。

会社員が長がった私には出会う人たちがまるで別世界の人に見えた。

 

素敵な事も楽しい事も悲しい事も沢山あった大好きな場所。

 

『2回目の青春だったよ』とつぶやくと

 

あずにゃんは『私は最初の青春だったよ』

 

こんな気持ちの人達が沢山居た場所なんだと廃屋を眺めながら改めて気がつく。

 

kanaya baseがあった頃は週末の朝は皆んな飲みすぎてむくんだ顔で海を眺めながらダラダラしてたのにね。

 

センチメンタルな気持ちはとりあえす金谷の海に預けて前に進もう。

 

またこの場所で皆んなと集まれるその日まで。