umikagu倒れる!

4月から昼は建築の学校、夜と土日祭日は家具制作と忙しいけど充実した日々が始まり一ヶ月が過ぎた頃。

慣れない生活のリズムと気力と体力を張りつめた学校生活の為か疲労困憊。

なぜ朝起きてこんなにも体が疲れているのだろう?

エナジードリンクで騙し騙しやってきたが実習の途中から体が熱い。

 

ほとばしる木工への情熱のせいだろうか。。。

 

課題の接ぎ手をノミで掘りながらなでかボーッとしてきた。

なんとか授業が終わり帰宅。

 

こんな状態で家具制作すると危ないのでベッドで横になる事にした。

 

気がつけば朝。

体が昨日よりも体が熱く咳が止まらない。

熱を測ってみると38.7度

 

先生に連絡を入れてとりあえず休めとの事。

実技ついていけなくなりそうで休むのやなんだけどとりあえず1日休養する事にした。

 

昼頃に目が覚めたけどますます体が熱い。

長引くのがやなのでだるい体を引きずって病院に直行!

 

名前を呼ばれて診察室に。

体温計で熱を測ると36.5度

 

平熱じゃん!!

 

なんで!?

さっきまで熱あったよね???

 

これじゃかまって欲しくて病院きたみたいになっちゃうじゃん。

 

『本当に熱があったんです!』言い訳みたいなことを言う家具屋。

 

『そういう事もありますよ』と大人の対応の先生。

 

とりあえず解熱剤やら咳止め薬をもらって帰宅。

疲れもたまってたのでそのまま横になると日も暮れて夜になっていた。

 

まだ体がだるい。

 

熱を測ると38.4度

 

なんなんだよ!オレの体!!!

 

病院でもらった薬を飲みまた就寝。

 

翌朝が来ても熱は下がらない状態。。。

咳は治まったので学校に登校しヘロヘロで1kmマラソンを走る。

 

相変わらず若者たちに追い抜かされ身も心もやられました。