最終試験編 part6

忘れていた平民魂が再び戻ってきたウミカグ。

試験が終わり週明け月曜日。教官が点数を集計した採点表をもっていたので覗き込んだ。

 

ウミカグ 94点 2位

 

キング サカキ 96点 1位

 

膝から崩れ落ちた。

 

負けた。。

 

王に敗れた平民。

今日は石を蹴りながら家まで帰ろう。

 

やはりこの人は強くて巧い。

しかも黙々と練習して影練していた私と同じような数の火打土台を作っていた。

 

いつの間にか練習した火打土台を同じ場所に並べてお互いに笑いあっていた。

 

他のライバル達も同じで教官には『お前達作りすぎだ!来年の分の練習材がなくなるじゃねぇーか!』と怒られた。

 

でも悔しいな。

 

石蹴りはやめて早々に帰りビールを煽った。

 

酒に逃げるウミカグ。

 

その夜は『負けたー』を叫んでいた。