早朝サーフィン

umikagu サーフィン

am4:30 電子音が暗い部屋に鳴り響く。

 

眠い目を擦りながら携帯を触りアラームをオフにする。

ブラインド越しに外を覗くとまだ朝日は出ておらず小雨が降っている。

しかも前日に海に入ったウエットはまだ湿っている。

 

このままベットに戻って眠りにつきたい。

 

いつもならこのまま言い訳を用意して眠っていただろうが今日の私は違う。

前日一宮ポイントを見たときに綺麗にブレイクする波を見ていたからだ。

おそらくまだ昨日の状態をキープしていると予想していた。

 

車に板とウエットを滑り込ませまだ薄暗い海岸線を走る。

 

am5:00 曇り空の隙間から朝日が覗き海の表情が変わる。

 

予想通りのgood wave

サイズはセットで胸肩

綺麗な三角波だ。

 

しかもまだ無人の状態。

 

急いで濡れたウエットに袖を通し準備をする。

 

10月の海は外気温より水温の方が暖かく感じる。

 

早速波に乗る。

 

その後も連続で良い波に乗り『ちょっとうまくなったかな?』って勘違いしてしまった。

 

1時間半ほど入って工房に戻る。

 

今日も1日頑張れそうです。