ウミカグと中学生の友人 スケートボードラック製作編

スケートボードラック 古材家具

早速、工房に戻りデザインを考える。

スケードボードを1本借りて来たのであーだこーだ言いながら寸法を測ったりしてデザインを作っていく。

 

たたき台のデザイン案ができたのでお客さんにメールして確認してもらう。

フロントのプリントをハンティントンにしてほしいと息子くんのご提案。

 

すぐにグラッフィックを作って再度メールで確認してもらう。

デザインとフロントプリントのオッケーが出たので製作開始だ。

 

スケートボードラック 古材家具

今回はいつものように無垢材を繋ぎ合せずに集成材を使用。

スケートボードを差し込む溝を掘ってパーツを作る。

スケートボードラック 古材家具
スケートボードラック 古材家具

つなぎ合わせはビスケットジョイントを使用。

 

スケートボードラック 古材家具

ハタガネでしっかり接着剤が乾くまで固定します。

スケートボードラック 古材家具

接着したのでハタガネを外す。

いい感じになってきた。

スケートボードラック 古材家具

オイルステインで着色

全体を塗り終えたら塗料が少し乾いて粘り気が出るまで待ちます。

布で木目に沿って塗料を塗り込むように拭いて行き1日おきます。

 

翌日に同じ工程を繰り返して完全にステインが乾くまで3~4日くらい乾燥させます。

スケートボードラック 古材家具

リクエストのグラフィックをプリントして最後にワックスを塗って完成!!!

スケートボードラック 古材家具