おすすめ記事!

家具屋を通して色々な人たちとのエピソード。
車泥棒と対決したり廃材を気合いでもらいにいったりと
ブログの中でも特に評判が良かったおすすめ記事です!

長い長い1日

昨日は月に一度の東京出張。

地下鉄の乗り継ぎに悪戦苦闘しながらやっと目的地に到着。

時間が少しあまっていたので自由が丘の気になっていたお店に行く事に。

電車よりバスで行ったほうが近いと教えてもらいバス停に。

お恥ずかしい事にいままで路線バスにほとんど乗った事がなかったのでどうすればいいか分からない。

とりあえずバス停に時刻表みたいなものがあったので見る事にした。

前に並んでいる人達がいたので『ちょっと見させて下さい』と声をかけると『何処まで行くんですか』と下の方から声がする!?

視線を落とすとそこには制服を着た子供が私を見上げていた。

『自由が丘まで行きたいんだけど、どのバスに乗ればいいのかな?』

その子はバス停の時刻表を見てから携帯電話を取り出して時間を確認して

『この次の次に来るバスに乗って下さい』

『ありがとう!助かったよ』

すっかり仲良くなりバスが来るまで話をして待つ事に。その子はいま小学1年生で学校から家までバスを3回乗り継いで帰っているそうです。小さいのに偉いと感心。

そしてバスにもちゃんと乗れない自分に自己嫌悪。

やっとの思いで自由が丘に着き、目当てのお店も見れて大満足。

夕方から友人と飲む約束をしているので急いで待ち合わせ場所に向かう。楽しい時間が過ぎ、事前に調べておいた終電の時間が来た。

錦糸町→千葉 乗り換え→金谷

電車に乗り千葉駅に到着するとちょうど1本の電車が走り出していく。

えっ!?

まさかね。ちゃんと時間調べて電車に乗ったし。

ホームの電光掲示板には何故か乗るはずの電車が表示されていない。

理解不能!理解不能!!理解不能!!!

私の頭の中にある型遅れのコンピューターには処理出来ない事態に。

たまらず駅員さんに聞いてみると『金谷行きはもうないよ』と強制終了的なコメント。

とりあえず行ける所まで電車に乗って木更津まで向かう事にした。

電車の中でなんとか帰れないか型遅れのコンピューターをフル活動。

そうだヒッチハイクで帰ろう!!

駅前のロータリーにいる車に片っ端から声をかける。

『すみません、終電を乗り過ごしてしまい金谷まで乗せてもらえないでしょうか?』

木更津→金谷は車で約1時間ほどかかる距離。

当然、みなさんネガティブな表情。

断られる事、約1時間。

辛い、寒い、虚しい

私の心も消極的に。

木更津の隣駅の君津まで行く電車がまだあったのでとりあえず乗る事に。最近、夜の気温が低くなってきていて野宿は出来ない。

駅員さんに事情を話し20分ほど歩いた所にマンガ喫茶があると教えてもらった。国道を歩く間も親指を立てて乗せてもらえませんか?のサインをだす。無情にも走り去る車×数台。

途中にセブンイレブンが見えたので暖かい飲み物でも買うと思い立ち寄る事にした。

ダメもとで駐車している人に声を掛けるととても自然に『いいですよ』と言ってくれた。

その方は君津在住なのに私を送る為だけに深夜に1時間はかかる金谷まで車を走らせてくれると言ってくれました。

感謝の気持ちと同時に凄い人だと思った。

もし自分だったら同じ事が出来ただろうか?

せめてガソリン代だけでもお支払させて下さいと私が言うと

『いいんですよ』と優しい表情。

無事に金谷まで送っていただき、その方はまた君津まで戻っていきました。

人に助けてもらってばかりの感謝の1日でした。

関連記事一覧